注文住宅を建てるメリットはこんなに沢山ある

設計に不可能はない

注文住宅を作るにあたり必要なのが設計です。この段階で間取りを細かく決めていきますが、不可能はないと断言する関係者もいます。自分の思うような間取りにできるのも一つのメリットですから、とことん付き合ってくれる専門業者を探していきましょう。

新着情報

注文住宅で最も多い間取り

no.1

リビングに繋がる和室と畳の部屋

部屋を広く使いたい場合に用いられるのがこの間取りです。使わない日はふすまや引戸で仕切れることができ、広く使いたい場合は開けるという臨機応変な使い方が人気に火をつけました。

no.2

家族の顔が確認できる対面キッチン

小さい子供がいる家庭や、家族とのコミュニケーションを大事にしたい場合に使われるスタイルです。テレビを見ながら作業ができる他、見た目がオシャレということで根強い人気があります。

no.3

買い置きが多い家庭に最適な収納スペース

中を歩けるくらいの広さを誇るウォークインタイプのクローゼットは、荷物の多い家庭や急な災害に備えて非常食品を大量にストックできる場所を確保する時に採用されています。キッチン周辺を綺麗に見せる効果もあるので、片付いている家を目指すならおすすめしたい間取りです。

no.4

玄関を上手く活用した作りにしよう

場所を取るベビーカーや、靴、日用品をしまう場所に最適なのが玄関ですが、賃貸だと場所の確保ができないため結局別の場所に放置ということになります。注文住宅の設計次第で様々なものを多く収納できるように完成させられますから、使い勝手が良くなるのは確かでしょう。

no.5

洋服やバックを大量に収納できるクローゼットも人気

二つの壁を活用できるウォークインクローゼットは家族と共有することもできれば、個別に分けて使えるというメリットがあります。かなり広くなるので、服やバッグ、かばんを所定の位置にすっきりまとめることができます。買い物が好きなら、十分な広さのクローゼットが望ましいでしょう。

要望に応える家づくり

住宅

ライフスタイルをくみ取った設計

注文住宅というくらいですから、本人の希望や理想、ライフスタイルを尊重するのが理想のマイホームを完成させるポイントです。厚木で評判の専門業者は、この辺を理解して仕事をするため「建ててよかった」の声が多く届いているのです。

安全な家を目指す

せっかくのマイホームですから、質が良く住みやすい家を目指すのは当たり前です。厚木の注文住宅専門業者は、新しい技術と職人が長年培った技術を駆使し、丈夫で且つ、生活する人に優しい家づくりをサポートします。

家づくりの事なら何でもお任せ

住宅

それぞれの違い

一口に注文住宅を言っても特徴は全く違います。何を優先的にするのかを踏まえた上で、家づくりに役立てるといいでしょう。詳しい内容はこちらに掲載されています。

READ MORE
積み木

専門業者の特徴

厚木で最も選ばれる業者をこちらで紹介しています。また、選ぶ時のポイントを細かく説明しているので、今まさに探している人は目を通しましょう。

READ MORE
女の人

サポートを受けながら計画しよう

注文住宅で最も大切なのは資金計画です。あやふやな状態で家を建てると最悪の事態になるのは誰もが想定できるはずです。計画性のある内容にするためにも一度目を通してください。

READ MORE